結婚式の招待状

双方の家族からの許可を貰い結婚することが決まったら、次に決めまければいけないのが結婚式の段取りです。
最近では結婚式を行わなかったりふたりだけ身内だけといった少数で行うこともありますが、今でも友人や親戚などを呼ぶ大きな結婚式は人気です。
そうした結婚式を開く場合、招待する人数を確認するための招待状が必要になります。

結婚式の招待状にはいくつかマナーがあります。
招待する相手に失礼がないようにするためのマナーもあれば、縁起をかついだものもあります。
マナーを守れていない招待状では周囲の印象もよくありません。
せっかくのお祝いごとですので、招待状のマナーを守って良い式にしましょう。

招待状は結婚の報告と出欠の確認をとるものですが、招待状でいきなり結婚を知らせるよりも電話やメールなどで事前に結婚を報告しておきましょう。
特に主賓や上司など目上の方へは必ず事前の報告を忘れないように気を付けてください。
職場結婚の場合は、ふたりで上司に報告しに行きましょう。

招待状は直接会って結婚の報告とともに渡すのがベストです。
しかし、相手が遠方に住んでいたり都合が合わなかったりするため直接渡せないこともあります。
その場合は郵送でも構いません。
郵送でも結婚の報告と招待状を送るのを忘れないように注意しましょう。
また、手渡しでも郵送でも返信用のはがきに切手をはるのを忘れないようにしてください。
招待状の詳しい注意事項は別ページにまとめましたので、そちらにも目を通しておくと良いでしょう。

Copyright © 2014 結婚式の招待状についてのマナー All Rights Reserved.